Statement

日常で出会う違和感や怒りあるいは考え中の反応について。

故郷の震災、障害を負う家族がいた経験、自身のアイデンティティを巡る個人的な問題から、「差別が起こる構造」「社会から周縁化されること」について思考する。「個」の立場から「社会」を見る。近年、日常生活で出会う「マイクロアグレッション」をテーマに、離型剤を支持体に塗る又は絵具に混ぜ、剥がれた(された)イメージを樹脂で固定する(される)シリーズ、イメージを樹脂で閉じ込めるシリーズ、異なる複数のイメージを一つの画面に内在させるシリーズを制作している。


製作中のメモ


属性により個人を差別し、周縁化する構造、
あるいは、日常で起きるマイクロアグレッション、言語、非言語でなされること、
それらの可視化。
もしくは完全なるフィクションによる反語。

作品の色彩について
・震災の被災建築物応急危険度判定のステッカーから着想
・グリーンに対するセイフティなイメージ、レッドに対する危機意識
エポキシ樹脂の使用について
・離型剤を支持体に塗る又は絵具に混ぜ、剥がれた(剥がされた)イメージを樹脂で固定する(される)
・イメージをエポキシ樹脂で封入する。
イメージ
・差別を受けるもの自身の、差別をするものの行動、言動の、またはそこから退避せざるを得ない状況。
・一つの画面の中に複数のイメージを内在させる。
・ノンフィクションとそれから飛躍するためのフィクション。